生活の周辺

正しいクレームの処理方法

  • 2019.10.26

不意のアクシデントは感情を高揚させます。   感情というものは自分の内部から生じるにもかかわらず、なかなか手ごわい異物のようなものだ。   先日、通勤途中で接触事故に遭ってしまいました。   私はいつものように原付を走らせて信号機が最小限のルートを選んで細い裏道に入った。   前に一台白い車が(この道は抜け道だから車がすれ違えない道幅だけど朝の混雑を避け通り […]

ネットバンク

アレックスが帰宅するとダイニングテーブルの真ん中に手紙が置かれていた。   手に取ると自分宛の封書で差出人は覚えのない女性の名前だった。   ビジネスレターではなく普通の封筒である。   窺うように妻の顔をさりげなく見てから開封せずにまた同じ位置に手紙を戻した。   妻のサラは読んでいる本に集中していて自分のことを見ていないし、手紙のことも気にはしていないよ […]

行方

使いもしないのにうちにはブラウン管テレビが2台もあった。 使いもしないというのは、使えるのだけど使わないという意味がひとつ、使おうとすればチューナーなどの装置が必要となり、そうするには余計な出費と手間がかかり、そこまでして使おうとする気がない…それならば新しい薄型のテレビを買った方が…いいような気がする。 といったどっちつかずの消極的な理由から、ただ狭い部屋の隅の一角を占有しているに過ぎない使いも […]